住むだけじゃない投資活用という住宅利用方法

ターゲットを見据える

学生の場合は家賃が高くないアパート

アパート経営を行う場合にはどのような方をターゲットにするのかを決めなくてはなりません。学生をターゲットにする場合には家賃を安くしなければ経営は成り立ちません。学校に通うために住むアパートに高いお金を出す学生はいませんし、ほとんどの場合は両親が家賃を払ってあげる事が多いので、高い家賃のアパートを借りる事はありません。学生をターゲットのする際に高い家賃を設定してしまうとアパート経営は失敗してしまうと言う事になります。また学生の場合は学校に近くなくては借りる事が少ないと言う事が言えます。週末以外は学校に通うため、歩いて通う事ができる範囲の距離で探す方が多いです。学校が全く無いところに学生向けのアパートを建てても意味がありません。

社会人になると様々な方がいます

社会人や家族でアパートを探している方をターゲットにするのであれば、部屋数が多いアパートの経営をしなくてはなりません。家族で住むアパートを探しているのにワンルームしかないとなれば家族で探している方は見向きもしません。また家族向けでワンルームと言うアパート経営をしている方もいません。社会人の場合は独り暮らしでも大きめのアパートに住んでいる事が多いので、あまり特徴はありませんが、綺麗な物件を持っていなければ契約者が現れる事は少ないのでしょう。このようにアパート経営をすると言っても需要が様々あるのでなにも決めずにアパート経営をスタートしないで計画を練ってから行う事が大切なのです。急いでしまう事は危険です。

↑ PAGE TOP