住むだけじゃない投資活用という住宅利用方法

今後の動向と注意

一括借り上げの今後とは

一棟丸ごとマンションの物件があったとしても、そのマンションに全部入居者が入るとは限りません。それらの管理もしていくとなると、負担も大きくなります。そこで、一括借り上げというシステムが出てきます。一括借り上げをしている会社と契約することで、オーナー側は一定の収入を得ることができます。そのときの家賃で満室収入のうちから、決められた割合で収入が入ってきますし、空室の心配をしなくていいというメリットがあります。注意点もありますが、こういったメリットを受けたいという人も多いので、これからも一括借り上げは需要があるといえるでしょう。しかし、このシステムを利用するときには、しっかりと理解した上で契約する場合が多くなるのではないでしょうか。

家賃保証の金額についての注意点

一括借り上げをしてもらうと、たとえ空室が続いても一定額の収入が見込めますので、安心していられるということがあるかもしれません。しかし、一括借り上げにもいろいろな注意点があります。「家賃保証されている」というのを聞いて、「ずっと同じ家賃が保証されるのだ」と思うことがあるかもしれません。しかし、契約当時の家賃収入が得られるというわけではありません。家賃が下落していくならば、家賃保証の額も減らされていきます。その物件に入居者があらわれなかったりするならば、家賃を減らすといったことになるかもしれません。そうなってくると、家賃収入自体減るので、オーナー側に入る金額も減っていきます。こういったことも踏まえて、契約内容を熟読してその他のいろいろな注意点を把握することが大切です。

↑ PAGE TOP