住むだけじゃない投資活用という住宅利用方法

記事一覧

手軽な金融商品

金融商品には様々な種類がありますが、中でも近年注目されているのがバイナリーオプションです。相場の上げ下げを予想するだけで簡単に行えることから、多くの方がバイナリーオプションを利用しています。

詳細を見る

投資顧問の手を借りる

最近は銀行の金利も下がり、お金を預けてもなかなか増えないことから金融商品に目を付ける方が増えています。株や不動産に投資する前には、投資顧問の力を借りることが確実な資産運用の近道となります。

詳細を見る

今後の動向と注意

不動産を購入するには覚えておかないといけないことが多くあります。一括借上にはメリットが多く需要があるのですが、注意しなければならないこともあります。把握した上で、購入を考えることです。

詳細を見る

ターゲットを見据える

資産運用の一環としてアパート経営を行う方は多いですが、ただ闇雲に経営するだけでは効率的とはいえません。大事なのは、貸し出すターゲットを予め見据えておくことです。

詳細を見る

アパートを投資活用

不動産投資商品を販売する都市綜研インベストバンクの噂や疑問がコチラをご覧になると解消しますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

投資物件の大切な要素である利回り

現政権による景気対策とインフレへの期待から、投資物件としてアパートへの投資を考えている投資家も多いでしょう。アパートは数千万から投資が可能であり、鉄筋コンクリート造の一棟マンションへの投資と比較すれば金額は安いため、個人投資家に根強い人気があります。 アパートのような投資物件は、年間賃料÷利回りで価格が決定されることになります。賃料が一定であると仮定すると、利回りが低ければ価格は上がり、利回りが高ければ価格は下がることになります。 長期金利が低水準で推移している現状では、金融機関からのローンは低金利で調達できる状況にあるため、アパート投資の価格は上昇傾向にあります。つまり、利回りの水準は低くなっているということです。

今後、利回りはどのような傾向で推移するか

では、利回りの低下傾向(=価格の上昇傾向)は今後も継続するのでしょうか。 投資物件は、一般的に築年数が経過した物件ほど価格は安くなります(=利回りが高くなります)。当然、もっとも価格が高く算出されるのは「新築物件」ということになります。 新築アパートは、入居者を集めやすいが故に、投資物件としてとても人気があります。また、金融機関から長期間の融資を受けやすいという点も人気の理由です。一般的に木造アパートの場合では、耐用年数が20年とされており、例えば築10年を経過している物件を買おうとすると、金融機関から融資を受けられる期間は10年程度ということになります。 したがって、低金利が継続する可能性が高いことから、今後も当面は、アパートの価格は上昇傾向(=利回りは下がる)が続くでしょう。

丁寧にサポートをしてくれます。ゴルフ会員権について知るならここへ。ゴルフの楽しみを広げていくことができます。

登録方法は2分で行なうことができるので利用しましょう。XMで口座開設を考えている人は必見となっています。

↑ PAGE TOP